一戸建てや空家を売却するときは不動産会社で査定し媒介契約を

fudousan01

一戸建てや空家を売却するときは、まずは
不動産会社で査定を受けます。

その査定に納得頂いたら、不動産会社に仲介を依頼します。

不動産会社は、物件の広告を出して買主様を探し、
見つかりましたら売主様との仲介をします。

不動産会社に媒介契約を締結しますが、この媒介契約には
専属専任媒介、専任媒介、一般媒介があり、
それぞれ特徴が違います。

専属専任媒介は文字通り、1社の不動産会社を
専属として仲介を依頼します。

どの買主様でも、必ず専属の不動産会社を介して
売却することが必要です。

1週間に1度以上、売主様に販売状況などを報告する義務
があります。

専任媒介も、1社の不動産会社に仲介を依頼するのですが、
親類や友人など、ご本人で買主様が見つけた場合は、
その不動産会社を介さなくても大丈夫です。

売主様に販売状況をご報告する義務は、
2週間に1度以上となっています。

一般媒介は複数社の不動産会社に仲介
依頼することが出来ます。

1社のみの専属専任媒介と専任媒介よりも、
不動産会社の選択肢が多いです。

不動産会社は、仲介が成立すると仲介手数料が入り、
これを収益源としています。

専属専任媒介と専任媒介で仲介が成立すると、
自社に仲介手数料が入ります。

ですから、積極的に宣伝し、販売してくれるのがメリットです。

一般媒介では、必ず仲介手数料が自社に入ると言う
保証が無いので、あまり積極的になってくれないことがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、どちらで契約しても
積極的になってくれる不動産会社選びが大切です。

一押し記事