恵比寿は築年数が古くても高単価 (東京メトロ日比谷線① 中目黒~築地)

日比谷線

東京カンテイの調査によると、東京メトロ日比谷線の「中目黒~北千住」間の坪当たりの平均単価は309万円とのこと。(1坪=3.3㎡)

 

これは1年前と比べて18.1%上昇しています。

 

事例数の合計は3072件、築年数の平均は19.7年、平均専有面積は53.6㎡で、前年度と比較して事例数680件増加、築年数の平均は0.4年若返り、専有面積は1.7㎡小さくなっています。(前年度…事例数2392件、平均築年数20.1年、専有面積55.3㎡)

 

今回は中目黒~築地の区間に着目します。

 

この区間では神谷町がほぼ横ばいになっていますが、全ての地域で上昇傾向になっています。

 

それぞれの単価も高く、都心一等地のブランド力が伺えます。

 

このブランド力の強さを特に感じられるのは恵比寿です。

 

恵比寿は沿線で最も平均築年数が古く24.8年ですが、坪362万円という高価格を出しています。

 

また築古のヴィンテージマンションが高単価を維持している広尾も坪392万円でありブランド立地となっており、平均専有面積が広いことが特徴的です。

 

逆に中目黒は築浅事例は減少しているものの平均築年数は2年近く若くなっており、昨年度から20%近く高く332万円となっています。

 

東京メトロ日比谷線は1964年の東京オリンピックに全線開通を間に合わせる為に突貫工事で建設された経緯があり、直角に近いような急カーブが連続するような路線になっています。

また、2020年の東京オリンピックに向けて霞ヶ関駅と神谷町駅の間の虎ノ門地区に新駅を設置する構想が発表されており、東京オリンピックに深い関係のある路線です。

 

下記に記す掲載駅における坪単価の最高値は神谷町の453万円でした。

 

現在の中古マンション価格

東京メトロ日比谷線

 

中目黒 332(23.5/53.7)

 

恵比寿 362(24.8/50.6)

 

広尾392(21.4/71.6)

 

六本木 409(24.4/52.4)

 

神谷町 453(14.4/65.9)

 

銀座452(8.2/43.9)

 

築地288(20.2/48.0)

 

東京カンテイ調べ   単位:万円(平均築年数/平均専有面積)

※データはファミリーマンションを対象に2015年9月~11月の3ヶ月間の売り出し事例を集計した平均値

一押し記事