事例数最多は池袋(JR山手線② 高田馬場~秋葉原)

秋葉原

東京カンテイの調査によると、JR山手線の坪当たりの平均単価は289万円とのこと。(1坪=3.3㎡)

これは1年前と比べて15.7%上昇しています。

事例数の合計は5,225件、築年数の平均は20.9年、平均専有面積は52.17㎡で、前年度と比較して事例数1448件増加、築年数の平均は0.9年若返り、専有面積は3.02㎡小さくなっています。(前年度…事例数3,777件、平均築年数21.8年、専有面積55.19㎡)

今回は高田馬場~秋葉原の区間に着目します。

この区間の中古マンション価格は田端が下落してしまいましたが、それ以外の地域は全て上昇しています。
田畑も山手線内では人気のない分類になるとはいえ築浅事例もしっかりとある為コストパフォーマンス自体は悪くなく、下落は1%程度とほぼ横ばいの状態となっています。

駒込は堅調に上昇してはいますが、築古事例が多くなった影響からか緩やかな上昇となっています。

池袋駅も築古事例は多くなっていますが山手線内で最も事例数が多く、中古マンション価格の坪単価は10%以上上昇しています。

新築事例が活発であったのは上野で、築浅物件が増加したことが影響して中古マンション価格は上昇し続けています。

JR山手線は東京都心部で環状運転を行う路線で、山手線の多くの駅はJRの路線や新幹線、私鉄、地下鉄に接続する日本の中心とも言える路線です。

下記に記す掲載駅における坪単価の最高値は秋葉原の297万円でした。

現在の中古マンション価格

JR山手線

高田馬場  248(22.5/38.2)

目白279(26.2/63.0)

池袋245(22.8/39.6)

大塚223(22.9/40.7)

巣鴨232(23.7/39.7)

駒込225(25.5/49.0)

田端208(14.2/43.0)

西日暮里  226(12.2/48.3)

日暮里 243(16.3/55.1)

鶯谷227(18.3/41.1)

上野259(11.5/44.3)

御徒町 240(13.3/43.9)

秋葉原 297(10.3/44.2)

東京カンテイ調べ   単位:万円(平均築年数/平均専有面積)

※データはファミリーマンションを対象に2015年9月~11月の3ヶ月間の売り出し事例を集計した平均値

(参考:住宅新報 2016年3月29日号)

一押し記事