持ち家売却の成功体験~偶然の出会いで出来た売却~

 

一度は失敗した持ち家売却

 

もう5年くらい前になるのですが、20年近く住んでいた持ち家を売却しました。
それにいたるまでは本当に偶然の出会いで、今思えば有り難かったよなぁと感慨ひと際です。
実はその売却のずっと前に一度査定をしてもらって売却の登録をしたのですが、結局、2年くらいしても全くうれずで、借金整理のためだったのですが諦めて、ずるずるきていました。

 

前回のお願いしていた会社は個人経営の不動産会社で、こちらとしても初めてのことばかりで何もかもお任せで成り行きさえもう一つわかってないような状況でした。今回も結果的には一社だけです。
ただし、京阪グループの大きな会社でした。
最初に言っていた偶然というのは、こちらが売却を考えて不動産屋さんを探していたわけでなく、隣家の家が売りに出されたのがきっかけです。

 

数年空き家だったお隣が売りに出たと知ってから、興味新々で内見にくる方達を見ていました。
お隣はうちとほぼ同じくらいに建ちました。
広さはうちより一部屋少ないくらいです。
で、前の経験から、どうだろう?売れるのかな?と眺めていたのです。
3ヶ月ぐらいして、何組めかの内見された方が買う事になったらしく、家の前でその不動産屋さんと会話する機会がありました。

 

簡単に売れたんですねという私の話を聞いて「最近の不動産の状況や、この近辺を集中的に探してられるお客さんも結構ありますよ。」との話でした。
その夜家族で話し合い、前回諦めたけど、ひょっとして今回はいけるかもしれない。
その話をしてくれた社員さんも感じの良い方だったので、急遽、お願いしてみようかということになったのです。
お隣が売りに出なければ出会うこともなかったと思います。
査定はお隣とそんなには変わりません。

 

 

思った以上にはやく売却できて逆に大変になった

 

一部屋多い分、つまり5坪程、土地が広い分だけ高くつけて頂きました。
後は広告を出して、反応を待ちます。
おそらく半年くらいはかかるでしょうし、売れない可能性もあるので心づもりはしていました。
ところが何と一週間で売れたのです。
もう、驚きです。

 

そんなことあるもの?と我が耳を疑いました。
翌日、社員さんが説明に来られ、納得です。
お隣を内見してらした方の中で、隣を指射して、これくらいならなと仰っていた方に連絡したそうです。
結局、中も見ずに決められたそうです。
こんな偶然てないですよね。

 

私の方にすれば本当に有り難い話でした。
金額的にも下げることなくあっさり決定したのですから。
ただ、まさかの流れで急でしたから、こちらが引っ越して行く先も決まってなかったのでさあ大変です。
それでその社員さんにはこちらの家探しも急遽、急ぎでお願いして、買われた方には待ってもらうよう交渉して頂き、無事、引っ越すまで色んなお世話になり大満足の対応でした。

 

(60歳 女性 主婦 京都府)

一押し記事