福井県で不動産売却を検討している方へ

一括査定

福井県は面積が全国47都道府県中34位で人口が43位となっており、人口密度は31位となっています。

 

平均地価は全国28位(平成27年)で4万5,258円/uとなっており、前年比0.13%(上昇率全国22位)下落しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は10,000件となっております。

 

福井県は石川県、岐阜県、京都府、滋賀県に隣接しており、中部地方の中の北陸地方に位置しています。
しかしながら敦賀市を除いて関西電力が管轄していること、近畿地方と面している為、北陸地方ではなく近畿地方として扱われる場合もあります。

 

福井県は北側の嶺北(越前地方)と南側の嶺南(若狭地方・敦賀市)に分かれており、その境には山中峠、木ノ芽峠、栃ノ木峠を通る山稜(尾根)があります。
この山稜により南北が分かれている為往来が非常に不便であったことや、北部は北陸地方と、南部は近畿地方と交流が深いといった要因から、同じ県内であっても文化的、生活環境的な面で大きな違いがあります。

 

その相違点の一つに方言があります。
嶺北での方言は北陸方言に属しているのに対し嶺南は近畿方言に属しています。
つまり北側は北陸地方の他の地域と似たような方言、南側は関西弁と似たような方言となっています。

 

統計庁調査による社会生活統計指標では2008年における持ち家比率が全国3位となっており、持ち家を持つ県民数は国内トップクラスとなっています。

 

現在は全国で存在する「核となるテナントと地元商業者による協同組合が同居しているショッピングセンター」を最初に実践したのは福井県で、その為この方式のことを「福井方式」と呼ばれています。

 

また、国産恐竜化石の8割以上が福井で発掘されていること、日本で発掘された恐竜の6種類の内4種類は福井県で発掘されたことなどから、「恐竜王国福井」として福井県恐竜化石博物館が観光名所となっています。

 

福井県の不動産と一言でいっても、北側か南側かで環境は大幅に変わってしまいます。

 

福井県の不動産売却をお考えの場合、このような地域や文化についての造詣の深い、売却を検討している不動産について一番良い不動産仲介会社を見つけ出す必要があります。

 

そのために不動産一括査定サイトで複数の不動産仲介会社に実際に査定してもらって一番その不動産を理解してくれる会社を見つけませんか?

 

福井県市区町村一覧

福井市・敦賀市・小浜市・大野市・勝山市・鯖江市・あわら市・越前市・坂井市
・吉田郡(・永平寺町)
・今立郡(・池田町)
・南条郡(・南越前町)
・丹生郡(・越前町)
・三方郡(・美浜町)
・大飯郡(・高浜町・おおい町)
・三方上中郡(・若狭町)

 

一括査定サイトランキング