長野県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

長野県は海に面していない内陸県で面積が全国47都道府県中北海道、岩手県、福島県に次ぐ4位と広大な面積となっている為、人口が16位と少なくは無いのですが、人口密度は38位となっています。

 

平均地価は全国34位(平成27年)で3万9,108円/uとなっており、前年比1.70%(上昇率全国34位)下落しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は30,900件となっております。

 

長野県は日本一隣接している県の数の多い県で、埼玉県、群馬県、山梨県、愛知県、静岡県、岐阜県、富山県、新潟県の8都道府県に隣接しています。

 

隣接している都道府県は多いにもかかわらず、埼玉県とは県境として接しているのは10 km程しかない上にほぼ未舗装の中津川林道(秩父市道大滝幹線17号線)でしか直接的な行き来は出来ず、この中津川林道も冬季や夜間は閉鎖されてしまいます。

 

富山県とは北アルプスが存在する為車両は通行できない為空路か関電トンネルトロリーバスでしか行き来が出来ず、他にも群馬県、福島県との県境も車両は行き来できなくなっています(こちらは徒歩でなら越境可能)。

 

他にも陸続きでありながら往来が出来ない市町村が多数あり、他県との交通に関しては不便な点が多くなっています。

 

自然豊かな地域が多く、2010年の平均寿命ランキングでは男女共に全国1位という快挙を成し遂げています。

 

一人当たりの台数(全自動車)が全国2位と完全な車社会となっていますが、長野県独特の松本走りというものが存在し、

 

対向の直進車が交差点に接近しているにもかかわらず右折を行う。

 

対向車が左折するスキを見計らって右折を行う。

 

信号が青になる直前の全赤時に発進して右折を行う。

 

脇道から右折する際、右折する道路における左側車線の走行車の流れをせきとめる形で右折待ちをする。

 

ウインカーを出さず、後続車を確認しないまま右左折や車線変更または駐停車をする。

 

信号が赤に切り替わっても、前車について右折を行う。

 

優先道路へ出る際に一時停止をしない。

 

このルールを頭に入れておかなければ危険な場面になってしまうこともあるようなので十分注意が必要です。

 

長野県の不動産売却をお考えの場合、このような地域独特の文化についての造詣の深い、売却を検討している不動産について一番良い不動産仲介会社を見つけ出す必要があります。

 

そのために不動産一括査定サイトで複数の不動産仲介会社に実際に査定してもらって一番その不動産を理解してくれる会社を見つけませんか?

 

長野県市区町村一覧

長野市・松本市・上田市・岡谷市・飯田市・諏訪市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市・東御市・安曇野市
・南佐久郡(・小海町・川上村・南牧村・南相木村・北相木村・佐久穂町)
・北佐久郡(・軽井沢町・御代田町・立科町)
・小県郡(・青木村・長和町)
・諏訪郡(・下諏訪町・富士見町・原村)
・上伊那郡(・辰野町・蓑輪町・飯島町・南箕輪村・中川村・宮田村)
・下伊那郡(・松川町・高森町・阿南町・阿智村・平谷村・根羽村・下條村・売木村・天龍村・泰阜村・喬木村・豊丘村・大鹿村)
・木曽郡(・上松町・南木曽町・木祖村・王滝村・大桑村・木曽町)
・東筑摩郡(・麻績村・生坂村・山形村・朝日村・筑北村)
・北安曇郡(・池田町・松川村・白馬村・小谷村)
・埴科郡(・坂城町)
・上高井郡(・小布施町・高山村)
・下高井郡(・山の内町・木島平村・野沢温泉村)
・上水内郡(・信濃町・小川村・飯綱町)
・下水内郡(・栄村)

 

一括査定サイトランキング