山口県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

山口県の面積は全国47都道府県中23位で人口は27位、人口密度は28位となっています。

 

平均地価は全国37位(平成27年)で3万4,879円/uで前年比1.96%(上昇率全国28位)下落しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は34,200件となっております。

 

山口県は島根県、広島県、福岡県に隣接し、中国地方に位置します。
その際、県の大半は山陽地方に含まれますが、萩市、長門市といった北部の一部が山陰地方に含まれているとされています。

 

山口県には別名が複数あり、

令制国時代でいう長門国と周防国に相当することから「防長」
毛利氏により統治され江戸時代には長州藩と称されていたことから「長州」
西の京都という意味から山口市付近を「西の京」

と呼ばれることもあります。

 

島根県、広島県と隣接している東側を除く三方が海に囲まれている為福岡県との間には海がありますが、関門トンネルによる海底ルート、関門橋による海上ルートが存在し、関門トンネルは歩行者通路も存在する為山口-福岡間を徒歩で移動することも可能となっています。

 

県の魚にも指定されているふぐは全国1位(下関市)となっており、地元では福に繋がるという縁起を担いで「ふく」と呼んでいます。

 

山口県では湯田温泉、長門湯本温泉、萩温泉郷といった51泉もの温泉があり、効能が高く貴重な放射能泉が25泉、単純温泉系が9泉、塩化物泉系が13泉、残りの3泉はその他に分類されています。

 

方言としては山口弁となっていますが、長門地域と周防地域では異なる為、長門方言、周防方言と分けられることがあります。

 

このような特徴のある山口県で不動産売却を検討する場合、より多くの専門家からの意見を聴くことが高額売却には必要となります。

 

不動産の一括査定を行い、何故高額査定にしたか、何故評価が低いのかといったことを査定に来た担当者に質問をし、複数の意見を統合して高額査定を目指しましょう。

 

山口県市区町村一覧

山口市・下関市・宇部市・萩市・防府市・下松市・岩国市・光市・長門市・柳井市・美祢市・周南市・山陽小野田市
・大島郡(・周防大島町)
・玖珂郡(・和木町)
・熊毛郡(・上関町・田布施町・平尾町)
・阿武郡(・阿武町)

 

一括査定サイトランキング