売却査定の種類を知ることが不動産売却を成功の秘訣

一括査定

不動産の売却で不動産仲介会社との関わりは自分の不動産がどの程度の価値があるのかを知るために査定を申し込むところから始まります。
そこで、こちらのコラムでは不動産売却のための第一歩である売却査定についてご紹介していきます。

 

売却査定には「簡易査定」と「訪問査定」2種類の方法があります。

簡易査定とは

実際に物件を見て査定するのではなく、不動産の所在地、周辺での取引事例、公示地価や路線価などのデータを元に統計したデータから査定価格を算出します。その為簡易査定の他に「机上査定」という呼び方もあります。実際に物件を見ていないため査定価格は大まかなものになってしまいますが、訪問査定よりも敷居が低く物件を綺麗に整理したり時間を捻出する必要なく、多くの不動産仲介会社から手早く査定結果を知ることができます。不動産仲介会社の担当者と直接会うわけでもないので、
「自分の不動産の査定結果を見てから本当に売るか決めたい…」
「複数の不動産仲介会社からの査定を比較してどこの会社にするか決めたいのに直接会うと断り難い…」
というようなときにも便利な査定方法です。とはいえあくまでも簡易的な査定なので、査定価格をみて実際に売ろうと思ったときには、訪問査定もしてもらうことをお勧めします。

 

訪問査定とは

訪問査定はその名の通り担当者が現地に訪問し物件の状態をみて査定する方法です。事前調査として簡易査定の項目を調べた上で、実際に物件に訪問し建物や土地の詳細な状態、周辺環境等も考慮したより精密な査定価格を知ることができます。簡易査定よりも実際に物件の訪問を行うなど時間がかかってしまいますが、その分正確な査定価格を知ることができます。
この訪問される際に、家の掃除が疎かになっていると場合によっては査定価格に響いてしまう点、不動産仲介会社の担当者が社名を名乗って周囲に売却について知られたくないと考える場合、事前にその旨を伝えなければならない点の注意が必要です。
不動産売却の専門家が訪問するので、もしも売却についての疑問点、アドバイスなどを直接質問できるのも利点です。

 

簡易査定では時間が無くても短期間で複数の不動産仲介会社に査定をお願いできる、訪問査定ではより精密な査定価格を知れて、売却についての疑問、不明点を質問することができるなど、どちらにも利点があります。
どちらかしか選択できないわけではないので、不動産一括売却査定サイトを利用して簡易査定で複数の不動産仲介会社から査定を一括して受けて、その中からよりよい不動産仲介会社を選んでそこに訪問査定を申し込む、というのも良いでしょう。
とはいえ不動産売却をする上で不動産を実際に見てもらうことは大切です。
訪問査定の方が詳しい査定価格であること、各仲介会社の担当から話を聞けるということは売買の初心者にとって貴重な機会です。先に査定してもらった仲介会社の担当の意見について他の仲介会社の担当に聞いてみるなど複数の専門家から意見を聞ける「セカンドオピニオン」の観点からも、訪問査定をお勧めします。