良い不動産売却とするために

一括査定

不動産売却は自分だけでも、不動産仲介会社だけでも成功させることはできず、不動産仲介会社と協力して行っていきます。
その為、売却の具体的な流れを把握していくことが、円滑に高額売却を成功させるための道標となります。

 

不動産仲介会社に査定してもらう
まず最初に不動産仲介会社に査定を申し込みましょう。当HPでお勧めしているのは複数の不動産仲介会社に無料査定をしてもらうことですが、ただ「無料なんだからせっかくなのでいっぱい査定してもらいましょう!」ということでお勧めしているわけではなく、以下のような利点があります。

 

複数の査定結果から売却不動産のおおよその相場がわかる

 

おおよその相場がわかったことで、その相場からかけ離れた不動産仲介会社を避けることができる

 

それぞれの不動産仲介会社の査定価格を比較してより良い不動産仲介会社を選ぶことができる

 

このように複数の不動産仲介会社で査定することのメリットは大きく、近場の不動産仲介会社にのみ査定した場合に出てくる「この査定価格は安いのか高いのか…」といった疑問を解消する意味でも、不動産一括売却査定サイトの利用をお勧めします。

 

査定結果から不動産仲介会社を選択する
全ての査定結果が出揃ったら、どの不動産仲介会社と契約するかを吟味します。
この時「高く売りたいから一番高い不動産仲介会社にしよう」というのは止めておきましょう。

 

リサイクルショップのような査定価格で買い取ってくれる商品ならばそれでいいのかもしれません。その後店に並べて売れなくても冷たい言い方をすれば関係ありませんので…

 

しかし不動産売却では物件を買取価格で買取って売値で販売するという形ではなく、売却価格で不動産仲介会社が販売活動を行い、最終的には売り手(売却を希望している人)買い手とが売買契約を結ぶことになります。
自分が買い手になったときのことを想像してみて、相場よりも高い販売価格の物件を買うかどうかを考えてみれば、査定価格が相場価格よりも大幅に高い不動産仲介会社を選んだほうがいいかは分かると思います。
「相場よりも高い不動産仲介会社と契約したら、契約まで時間がかかった上に何度も値下げしてしまって、他の会社の査定価格よりも安値になってしまった…」
というようなことにならないように、相場の範囲内の高値で査定した不動産仲介会社を選択したほうが、結果的に高額売却への成功に繋がります。
更にその査定の根拠となる情報を聞くなどして売却物件への理解、不動産仲介会社との話し合いで十分納得した上で契約をしたほうが良いでしょう。

 

この契約の際には、3種類の契約方法から選択します。
・1社のみに依頼し、自分で買い手を探すことは可能な専任媒介契約
・1社のみに依頼し、自分で買い手を捜すことができなくなる専属専任媒介契約
・複数の仲介会社と契約でき自分で買い手を探すことも可能な一般媒介契約

 

一般媒介では複数の仲介会社に依頼することができるため幅広い宣伝をすることができますが販売活動状況の報告義務は無く、希望通りの広告がされるかの確実性は低いです。一方、専属専任媒介、専属媒介契約では1社としか契約できない代わりに販売活動状況の報告義務がある為積極的に広告活動をしてくれる可能性が高くなります。
自分で買い手を探さないのであれば、報告義務が一番しっかりしている専属専任媒介をお勧めします。

 

販売活動の開始
不動産仲介会社と契約を結んだ後に、売却価格を決めて販売活動を開始します。
当然ながら値段を安くすれば時間をかけず素早く売却できる可能性が高くなりますが、相場からあまり下げずに売却できれば売り上げは高くなります。とはいえあまり高い売却価格にしても売却にかかる時間が長くなる上に値下げをしたとしても販売期間の長さから「何か問題があるのではないか?」と疑われて余計売れなくなってしまうこともある為、売却価格は仲介会社とどう売却を進めていくかを相談しながらじっくりと決めるのが良いでしょう。

 

売買契約の締結
買い手が見つかれば買付申込書を提出していただいて売買契約を締結させます。条件の調整などは仲介会社が行ってくれるので、売り手は契約時に必要となる下記7つを忘れずに準備しましょう。
・住民票
・不動産の権利証
・固定資産税納付書
・管理規約等(マンションであれば)
・印紙代
・実印
・印鑑証明書

 

 

以上が不動産売却の流れとなります。この流れをしっかりと把握しておくことで不動産売買をスムーズに行うことができます。
事前に行える準備をしっかりとし、より良い不動産売却にしましょう。