不動産仲介会社の選び方と契約の種類

一括査定

大手か地域密着か

不動産仲介会社には全国展開をしている大手の不動産仲介会社と、地域密着型の中小の不動産仲介会社がありますが、それぞれメリット、デメリットがあります。
「とりあえずCMでよく見るところだから大丈夫だろう」と大手しか見ていなかったり、「昔から営業しているそこの仲介会社にしよう」と地域の仲介会社だけを見ていると、希望に添えない形になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

大手不動産仲介会社のメリット・デメリット

全国展開をしているような大手の不動産仲介会社は過去の取引データや不動産の購入希望者情報、顧客データや購入層に関した情報などが纏められた独自の蓄積情報、その管理と情報共有がしっかりと出来るネットワークを持っています。物件の情報に関しては国土交通大臣の指定を受けた不動産流通機構が運営しているレインズ(不動産流通標準情報システム)により大企業も中小企業も大差は無いのですが、この蓄積された顧客データの情報量の違いにより情報量の面で大きな差が生まれます。情報量が潤沢となっていることで売却希望物件を購入希望者の条件面から検索するなど、優良物件であればマッチングが比較的容易になります。
大手のメリットとして他にも
・インターネットによる幅広い範囲に情報の拡散が出来る
・宣伝や広告にかけられる費用が大きい
・ネームバリューにより顧客に信用されやすいブランド力を持つ
・社員教育により社員1人1人によるサービスのムラが無い
といったものがあります。
とはいえ大手不動産仲介会社にもデメリットといえるものもあります。メリットとしても出したように大手不動産仲介会社では社員教育が行き届いておりサービスの質が安定しています。これは裏を返せばサービスが画一的になってしまい売り手の要望に対しての小回りが利かない、対応が事務的に感じてしまうと親身になって相談を受けてくれないと感じることもあります。

 

地域密着型のの中小の不動産仲介会社のメリット・デメリット

地域密着型である地場のの不動産仲介会社はその地域での不動産売却実績があり、その経験からくるノウハウを持っています。また、営業スタッフは地元出身者が多く、その地域の特性を熟知したベテラン地元営業スタッフも多くいます。売却物件があまり市場に出ないような特殊な物件の場合は営業スタッフが経験したことが無い場合もあり、ノウハウを持つ地域の中小仲介会社のほうが取り扱いに長けていることもあります。
顧客の情報も大手よりも情報量は少ない代わりに地域限定で物件を探している人の情報に特化しており、地域密着型ならではの昔からの顧客からの新規顧客の紹介もあります。
このような地域に特化したノウハウ、ベテラン営業スタッフと顧客情報は決して大手不動産仲介会社の蓄積された情報に劣るものではなく、接客においても小回りの利く親身な対応が期待できます。
デメリットとしては、大手の営業スタッフよりも個々の営業スタッフの資質に左右されてしまいその営業スタッフによるサービスの質にムラが出てきてしまう。インターネット等を用いた幅広い範囲への情報発信は大手の不動産仲介会社に劣ってしまうといったことが考えられます。

 

このように「大手不動産仲介会社だから絶対こっちの方が良い」「地域のことなら大手よりも中小不動産仲介会社の方がいい」といったことは無くどちらにもメリットがあります。
その為どちらの方がいいかは
・どのような物件か(種類・特性等)
・売却条件はどうするか
といったことで変わってきます。
駅近等人気物件や立地の良い広い土地なのであれば幅広い範囲に情報発信することが出来る大手の方が成約しやすいでしょうし、宅地用の土地であれば地域密着型の中小企業が狭い地域で限定して購入希望をしている顧客情報を持っていることがあります。
以上のことから、大手のみ、地域密着のみといった片方のみに査定依頼をするのではなく、両方に査定依頼をし、営業スタッフの対応や売却希望物件をどう評価しているかを見てから決めるのが高額売却への第一歩となります。