査定を申し込んだ不動産仲介会社から依頼する会社を選ぶ

一括査定

不動産を売却しようとした場合、不動産仲介会社に依頼をするのが一般的です。
この不動産仲介会社の選択が売却がスムーズにできるか、高額で売却できるかに大きく影響します。
とはいえ不動産仲介会社の選択で「この会社は絶対に良い」「この会社は絶対に選んじゃいけない」というものはありません。
不動産仲介会社にはそれぞれ個性があり、賃貸管理が得意であったり、売買をメインにしていても中古マンションなどの投資物件の売買が得意であったり戸建の売買が得意であったりと様々です。
その為不動産売買を成功させる上で、不動産仲介会社選びが鍵となります。

 

不動産一括査定サイトでの一括査定を行う場合、どの査定サイトでも不動産売買の実績のある不動産仲介会社を登録していること、大手不動産仲介会社だけではなく、地域に特化した中小企業にも査定を依頼していることから、そもそも売買を不得意としている不動産仲介会社なのではないかという心配は無くなります。

 

訪問査定で売却希望不動産を査定してもらう中で、以下のような事柄を聞いてみるといいでしょう。また、質問する中で担当者の対応もきちんと観察することをお勧めします。以下の事柄を確認し不動産会社として適切だと判断できても、担当者の対応が悪くては不安が出てきてしまいますし、逆にもっと適切な不動産仲介会社だと判断できる会社があっても、担当者の人柄、対応、相性がいい仲介会社の担当者がいるのであれば、そちらに依頼をした方がスムーズに気持ちの良い売却ができる可能性もあります。

 

査定の内容と売り出し価格について

査定価格だけを見るのではなく、「どうしてその価格になったのか」を確認してみましょう。もしも査定をする上で会社の定型書式があるのでしたらその流れに沿って聞いてみるのもありですし、他の仲介会社の査定価格、複数の査定価格から算出した相場との価格の差があるようでしたらその点についても確認してみるといいでしょう。
また、査定価格≠売却価格なので、査定価格から売却価格をどう設定するのかの考え方を確認するといいでしょう。最終的に売り手の意向があるとはいえ、専門家が「こうしたら売れる!」という考えを聞いておくことは大切です。

 

販売手法の確認

もし契約を締結した場合、どのような営業手法を用いて販売するのかを確認しましょう。
インターネットや店頭での広告はどうしているのか、自社の顧客で売買するのかなど、どのような方向性で売買するのかを確認するのか、販売活動をどのようにして、どのような成果があったのかの報告はどのようになっているのかも聞いておくといいでしょう。報告義務については、契約の仕方によって最低限この頻度で報告しなければならないというものが定められています。
専属専任媒介契約…1週間に1度以上
 (1社のみと契約、自身で買い手を探すことは不可)

 

専属媒介契約…2週間に1度以上
 (1社のみと契約、自身で買い手を探すことはできる)

 

一般媒介契約…報告義務無し
 (複数の不動産仲介会社と契約、自身で買い手を探すことも可能)

 

専属専任媒介契約、専属媒介契約には報告義務があります。専属専任媒介契約では1週間に1度以上、専属媒介契約では2週間に1度以上で、1週間に1度の報告をする仲介会社もあれば、数日に1度などより頻度を多くする仲介会社もいるでしょう。報告の頻度が多ければそれだけ真面目に募集をしてくれる可能性も高くなるので、確認するに越したことはありません。反対に一般媒介契約では報告義務はありませんが複数の仲介会社と契約することができます。報告は二の次にして手広く広告を出したい、1社のみとの契約でもいいのでしっかりと販売を頑張って欲しいなど、どのように販売して欲しいかで契約方法は変わってきます。
自分で特に何も活動をしないで売却をしたいのならば専属専任媒介がお勧めです。

契約手続きのサポートについて

売買契約の手続きについて「面倒なものはやってくれるだろう」と思い込んでいると、実際に自身でやらなければならない部分が出てきたときに手間取ってしまったりトラブルになってしまう可能性もあります。仲介会社が何を代行してくれて、自身で何をしなければならないのかをしっかりと質問をして、売買の手続きの大体の流れを把握しておきましょう。

 

仲介会社の得意分野・特徴など

仲介会社としての実績がどの程度あるのか、全国展開で幅広い地域をターゲットにしているのか地域密着で狭い範囲を深くターゲットにしているのかを実際に担当の社員に聞いてみるのもいいでしょう。仲介会社のHPなどでも調べられますが、実際にそこで働く社員から話を聞くと印象が変わることもあります。会社のことについて聞き難いと感じる場合、世間話として担当の社員がどのような売買を経験してきたか等聞いてみるだけでもその会社についての理解が深まります。
その他営業時間、サービス、買い手が女性であれば女性スタッフは対応してくれるか等その会社の特徴を聞いてみるのもいいでしょう。

 

 

実際にこのようなことを全て聞くのは大変ですが、全て聞けなくても担当者などその仲介会社とのコミュニケーションをする中で自分自身がその会社、その担当者を信頼できるのかについて率直な印象から判断するのもひとつの手です。