大田区での不動産売却を検討されている方へ

地域を特定する写真ではありません

大田区では昭和45年から平成25年9月までの期間で購入された中古住宅は3万3,330件と東京都内で2位となっており、売買が多く行われている地域となっております。
また、平均地価は53万6,564円/u(平成27年)と東京都において16位、全国順位においては17位となっています。
大田区の特徴としてはその広さです。60.42?と23区の中で最も広い面積を持つ大田区は人口では第 3 位の70万7,021人となっています。また、大田区の代名詞ともいえる有名な高級住宅街「田園調布」を抱えています。この田園調布は高級住宅街として全国的に有名ですが、「大豪邸の立ち並ぶ高級住宅街」というわけではなく、1住宅あたりの延べ面積は23区中12位となっています。
他にも大田区には町工場として有名な「蒲田」を有しています。蒲田はこう乗数、従業員数、製造品出荷額等いずれも23区中1位と東京都の誇る工場地域となっています。しかしこちらでも「大工場の立ち並ぶ工場地域」というわけではなく、従業員規模が1〜3人の零細事業者半数を占めるほど工場の規模は極めて小さくなっています。そのため1事業所あたりの製造品出荷額等は第6位になっています。その零細事業者の多い工場の内8割近くは「金属及び機械関連製造業」となっており、東京都全体で43%を占めているほど、この分野が栄えています。
このように、大田区は「高級住宅街」と「日本の誇る町工場」の2本の柱を持っています。

一括査定サイトランキング