港区で不動産売却を考えている方へ

一括査定サイト

平成18年〜22年の間に港区で売買された中古物件の戸数は1,410件で、これは東京都内で2番目に高い値で、売却がされやすい地域といえます。
また、平均地価は289万1,194円/u(平成27年)と東京都、及び全国順位においては3位となっています。

 

港区というと、「六本木ヒルズタワー」「東京ミッドタウン」「赤坂サカス」のような高級レジデンシャル機能を併設した大型の都市開発事業によるブランド価値を想像する人も多いでしょう。これらの大規模開発は大々的にマスコミに取り上げられたこともあり、日本最大のビジネス集積地となっています。昼間人口数、事業所数は堂々の1位となっており、2001年〜2006年の間で事業所数は8.8%増加しています。この5年間の間に23区全体の事業所数は5.1%減少しており、港区以外では渋谷区しか事業所数が増加していないことからも、港区の凄さが分かります。
この港区の産業の特徴のひとつに情報通信業があげられます。その数は23区最多で、ソフトバンク、ヤフーも港区に本社を構える他、民間放送業も事業所数は23区中38%、従業員数は79%を独占しています。民放テレビ局の5大キー局も本社は港区であり、それに付随するように広告代理店、タレント事務所、レコード会社も多くなっています。
このようなビジネス集積地としてのブランド価値は高額所得者数の集中を高める結果となっているのか、港区は日本の高額所得額第1位となっています。
高額所得層が多くなっていることは、白金をはじめとした青山、高輪、麻布、赤坂といった御屋敷といっても過言ではないほどの住宅の立ち並ぶ高級住宅地からも読み取れます。
一戸建てに住む世帯の平均住宅面積は下北沢、三軒茶屋、二子玉川を有する世田谷区を抑えて1位になっています。

一括査定サイトランキング