世田谷区で不動産の売却を検討されている方へ

地域を特定する写真ではありません

世田谷区では昭和46年以降から平成25年9月までの期間で中古住宅、新築住宅の購入数が共に最も多く、不動産売却のしやすい地域といえます。
また、平均地価は59万7309円/u(平成27年)と東京都内において、及び全国順位においても13位となっています。
世田谷区の特徴として、下北沢、三軒茶屋、二子玉川といった高級感のある住宅地が上げられます。「シモキタ」、「サンチャ」、「ニコタマ」といった愛称のあるこれらの地域は、様々な世代の人々の心を惹きつけています。
他にも世田谷区は人口が最も多い地域でもあります。総務局統計部の東京都の人口によると、平成27年1月1日現在の世田谷区の人口は89万9,368人であり、これは東京都の町村部の人口を合計した数とほぼ同じであり、そこからも世田谷区の人口の多さが伺えます。この人口の多さ故に、出生数、死亡数なども東京都で最も多くなっております。教育環境も充実しており、私立の幼稚園、小・中・高等学校、公立高等学校の数は最多となっています。しかし公立の小中学校は最多というわけではなく、この点から高級住宅地である点、教育熱のある地域であることが伺えます。

 

一括査定サイトランキング