兵庫県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

兵庫県の面積は全国47都道府県中12位で人口は7位、人口密度は8位となっています。
平均地価は全国7位(平成27年)で13万5,174円/uで前年比1.02%(上昇率全国13位)上昇しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は245,200件となっており、隣の京都府の2倍ほど中古住宅の売買が行われています。

 

兵庫県は近畿地方に位置し、京都府、大阪府、鳥取県、岡山県と隣接しており、山口県や青森県のような本州の端に位置していないにもかかわらず日本海と瀬戸内海の2つの海に接しています。

 

このことからわかるように南北に長い形状をしており、面積は近畿地方の中では一番大きくなっていますが、県域の中央には中国山地が広がっており、南北間での交通の便は悪くなってしまっている他、北部から南部にかけて豪雪地帯となってしまっている地域も持ちます。

 

県域のほぼ中央を日本標準時子午線が通過しており、この日本標準時子午線を通過している自治体数は京都府が2、和歌山は1であるのに対して兵庫県は9と兵庫県に集中しています。

 

これに起因して、明石市には明石立天文科学館が存在します。

 

北部から中部にかけては過疎地となってしまっている地域があり農林水産業が主たる産業となっていますが南部の瀬戸内海沿岸ではベットタウンとして発展している地域を持ち、阪神工業地帯や播磨臨海工業地帯などの重化学工業の集積地となっており工場立地数は近畿圏最大となっています。

 

気候は北部が日本海側気候、南部に瀬戸内海式気候となっており、前記のとおり北部は豪雪地帯となっている地域が広がっています。

 

関東地方と比較すると冬から春にかけて快晴が少ないものの快晴日数は比較的多くなっていますが、この季節には中国大陸から流入する黄砂の被害に会うことがあるので注意が必要です。

 

方言として「兵庫弁」と呼ばれるような統一されたものは無く、南部では関西弁、播州弁、摂津弁、神戸弁、丹波弁、淡路弁、北部では但馬弁というようにその地域と深い関わりのある地域の方言に影響を受けており、兵庫県民としての帰属意識よりもその地域ごとへの帰属意識が強くなっているようです。

 

このように兵庫県で不動産売却を考える場合、兵庫県の不動産と考えるよりもその地域の不動産として考えなければイメージが合わなくなってしまう為不動産一括査定サイトで複数の不動産仲介会社に実際に査定してもらい、その際に担当者等とよく話し合いをして一番その不動産を理解してくれる会社を見つけ出すことをお勧めします。

 

兵庫県市区町村一覧

神戸市…東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区
姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・洲本市・芦屋市・伊丹市・相生市・豊岡市・加古川市・赤穂市・西脇市・宝塚市・三木市・高砂市・川西市・小野市・三田市・加西市・篠山市・養父市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・宍粟市・加東市・たつの市

 

一括査定サイトランキング