長崎県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

長崎県の面積は全国47都道府県中37位で人口は29位、人口密度は18位となっています。

 

平均地価は全国26位(平成27年)で4万6,901円/uで前年比4.24%(上昇率全国2位)上昇と急上昇している都道府県となります。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は30,800件となっています。

 

長崎県は九州地方西端部に位置し、佐賀県とのみ隣接しています。

 

その為陸路で県を移動する際はどこに行こうとしても佐賀県を通過しなければならない位置関係となっています。

 

その代わり佐賀県と隣接している地域以外は海に囲まれており、971もの大小様々な島を有し島の数は全国47都道府県中1位となっています。

 

この島々とリアス式海岸となっていることなどが起因して海岸線の長さは北海道に次ぐ全国2位となり、漁獲高も全国2位の海の幸に恵まれた県です。

 

この海の恵みは海の幸だけに留まりません。

 

潮風を受けて育つことによりミネラル豊富となった牧草で育った和牛の肉質は柔らかく、赤身と霜降りのバランス、肉本来の旨みを堪能できるものとなっており全国和牛能力共進会(5年に1度開催)という和牛のオリンピックとも称される大舞台で内閣総理大臣賞を受賞し日本一の和牛の座を獲得しています。(平成24年)

 

他にもかの有名な戦艦武蔵を造船した実績を持つ歴史ある湾岸都市でもある長崎市は世界新三大夜景の一つに選ばれるほど美しい夜景であり、ハウステンボスといった観光施設、軍艦島やキリスト教会のような観光スポットにも魅力のある長崎県はブランド総合研究所が毎年調査している都道府県別魅力度ランキングで47都道府県中6位という高評価を得ています。

 

県全体ではなく市区町村を対象としたランキングにおいても1,000市区町村中長崎市は26位、佐世保市は76位と100位以内にランクインしている自治体が2つもあり、魅力のある県であることがわかります。

 

長崎県では大日本帝国海軍時代に横須賀、呉、佐世保の三軍港が置かれていたこともあり、旧海軍墓地を整備した馬門山墓地(旧横須賀海軍墓地)、長迫公園(旧呉海軍墓地)、東公園(佐世保東山海軍墓地)が存在します。

 

現在も自衛隊駐屯地や米第7艦隊の基地もある等、国防にとっても大事な地域となっています。

 

このような魅力あふれる長崎県で不動産売却をする場合、この魅力を最大限に生かして売り出してくれる地域の魅力をしっかりと理解した不動産仲介会社で売却することをお勧めします。

 

その為には1つの不動産会社だけに依頼するのではなく、複数の不動産会社に査定してもらい、査定してもらう不動産の魅力や売り出し方をどう考えているのか、どうしてこの査定価格になるのかを質問しすると売却したい不動産の魅力がわかります。

 

このとき会社それぞれにいちいち依頼していくよりも、不動産一括査定サイトでまとめて依頼したほうが手軽でスムーズです。

 

長崎県市区町村一覧

長崎市・佐世保市・島原市・諫早市・大村市・平戸市・松浦市・対馬市・壱岐市・五島市・西海市・雲仙市・南島原市
・西彼杵郡(・長与町・時津町)
・東彼杵郡(・東彼杵町・川棚町・波佐見町)
・北松浦郡(・小値賀町・佐々町)
・南松浦郡(・新上五島町)

 

一括査定サイトランキング