宮崎県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

宮崎県の面積は全国47都道府県中14位で人口は36位、人口密度は39位となっています。

 

平均地価は全国39位(平成27年)で3万3,324円/uで前年比1.37%(上昇率全国31位)下落しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は27,700件となっています。

 

宮崎県は九州地方の南東部に位置し、熊本県、大分県、鹿児島県に隣接しています。

 

宮崎県は生産量が全国1位(2013年)であるピーマン、きゅうり、さといもを始めとした農業、豚・肉用牛畜産農家数が全国1位(2013年)である牧畜業といった全国トップクラスの農業国となっています。

 

その他宮崎県というと1960年代は新婚旅行のメッカとして有名でした。

 

近年で印象に残っているのは自らを「宮崎のセールスマン」と名乗った東国原英夫知事ではないでしょうか?
2007年に県議会で所信表明演説を行った際の「宮崎をどげんかせんと(どうにかしないと)いかん」という発言はマスコミに幾度となく取り上げられ、ユーキャン新語・流行語大賞にも選ばれています。

 

作業服での初登庁、知事専用の公用車を含む多くの備品を是正し、公用車に関しては競売にかけるなどの特徴的な行動や、宮崎のセールスマンの名の通りTV出演をほとんど断らず宮崎のPR活動を積極的に行う等宮崎に大きく貢献しています。

 

知事就任直前に起きた鳥インフルエンザへ迅速な対応、その後の風評被害対策のTVCM、巨人軍キャンプやソフトバンクの練習場に地鶏等の贈呈をするといった行動により、風評被害対策に留まらず、地鶏の消費量は鳥インフルエンザ発生前よりも4割増加しています。

 

ブランド相続研究所が毎年調査している都道府県別魅力度ランキングにおいて宮崎県は47都道府県中13位(2015年)という高評価を得ています。

 

県全体ではなく市区町村を対象としたランキングにおいても1,000市区町村中宮崎市は54位にランクインしています。

 

このような魅力あふれる宮崎県で不動産売却をする場合、この魅力を最大限に生かして売り出してくれる地域の魅力をしっかりと理解した不動産仲介会社で売却することをお勧めします。

 

その為には1つの不動産会社だけに依頼するのではなく、複数の不動産会社に査定してもらい、査定してもらう不動産の魅力や売り出し方をどう考えているのか、どうしてこの査定価格になるのかを質問することで売却したい不動産の魅力がよくわかります。

 

その際会社それぞれにいちいち依頼していくよりも、不動産一括査定サイトでまとめて依頼したほうが手軽でスムーズです。

 

宮崎県市区町村一覧

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市
・北諸県郡(・三股町)
・西諸県郡(・高原町)
・東諸県郡(・国富町・綾町)
・児湯郡(・高鍋町・新富町・木城町・川南町・都農町・西米良村)
・東臼杵郡(・門川町・美郷町・諸塚村・椎葉村)
・西臼杵郡(・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町)

 

一括査定サイトランキング