香川県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

香川県の面積は全国47都道府県中最も小さく47位であるため人口は39位と少ない部類でありながら人口密度は11位と高い部類となっています。

 

平均地価は全国24位(平成27年)で4万7,583円/uで前年比2.40%(上昇率全国42位)下落しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は17,600件となっております。

 

香川県は四国地方に位置し徳島県、愛媛県、岡山県と隣接しています。

 

岡山県との間には海がありますが、瀬戸大橋により繋がっており高速道路と瀬戸大橋線で行き来することが出来ます。
四国の北東に位置する香川県は瀬戸内海に面しており瀬戸内海式気候となっています。その為晴天の日が多く日照時間が長い為塩の生産に向く地域として「塩田王国香川」とよばれています。

 

しかしその分雨量が少なく夏場に水不足をもたらすリスクをもち、大雨が降っても河川の氾濫による洪水をもたらすリスクをもちます。

 

香川県というと最初に思い浮かぶのはうどんでしょう。

 

うどん生産量はゆでうどんでは2位の埼玉県に、生うどんでは2位の新潟県のどちらに対しても2倍以上の大差をつけての全国1位となっており、うどん県の名は伊達ではないことがわかります。

 

1980年代にこれまでゆでめんタイプのうどんの防腐として使用されていた過酸化水素液の使用が禁止されうどん業界に大打撃が与えられた際(現在では有機酸・エチルアルコール使用)に生うどんの水分を減らし脱酸素剤と一緒に袋詰めすることで2ヶ月ほどの長期保存を可能にする手法を確立する等、うどんに対する香川県の情熱は素晴らしいものがあります。

 

香川県の特産品としては讃岐うどんが有名ですが、香川県ではこの讃岐うどんの為に「さぬきの夢」という小麦を作成しており、うどん業界との共催で「さぬきの夢うどん技能グランプリ」を開催することで県内産の小麦の使用拡大、うどんの品質向上に貢献しています。

 

香川県で不動産売却を検討する場合、香川県の魅力を理解したより多くの専門家からの意見を聴くことが高額売却には必要となります。

 

不動産の一括査定を行い、何故高額査定にしたか、何故評価が低いのかといったことを査定に来た担当者に質問をし、複数の意見を統合して高額査定を目指しましょう。

 

香川県市区町村一覧

高松市・丸亀市・坂出市・善通寺市・観音寺市・さぬき市・東かがわ市・三豊市
・小豆郡(・土庄町・小豆島町)
・木田郡(・三木町)
・香川郡(・直島町)
・綾歌郡(宇多津町・綾川町)
・仲多度郡(・琴平町・多度津町・まんのう町)

 

一括査定サイトランキング