秋田県で不動産売買を検討されている方へ

一括査定

秋田県の面積は全国47都道府県中6位と広大な面積を持っていますが人口は38位と少なく、人口密度は45位となっています。

 

平均地価は全国47位(平成27年)で2万0,607円/uとなっており、前年比4.60%(上昇率全国47位)下落しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は18,300件となっております。

 

持ち家比率が全国1位となっている為、アパート、マンションといった借家よりも戸建住宅の方が需要が高いことが予測できます。

 

秋田県は東北地方に位置し青森県、岩手県、宮城県、山形県に隣接し、大きく分けると県北、中央、県南の3つの地域になります。

 

日本海に面している為日本海側気候に分類され、山形県、新潟県と同様に対馬暖流の影響を受ける為冬季には日本海側から吹く湿った冷たい空気によりみぞれや雪が降ります。

 

そのため県全域の9割の地域は特別豪雪地域に指定されており冬季における日照時間は日本一少なくなっています。
しかしながら夏季は高温多湿となっており梅雨明けのないまま秋を迎えることも多々あり、奥羽山脈から吹く季節風にはフェーン現象(乾燥した空気が山から下降することで温かい風になる現象)が発生することもあり内陸部の中央から南部にかけては猛暑日や熱帯夜といったはっきりとした四季を感じることが出来ます。

 

他県と比較して少子高齢化や過疎化といった人口減少が進行してしまっていますが、その影響か刑法発生率が日本一少ない地域となっています。

 

産業の特徴として、日本三大美林のひとつである天然秋田杉が有名である木材生産量は全国4位、あきたこまちなどが有名であるように米の生産量は全国3位、この米を利用した日本酒の生産高は全国6位、そして固定コンデンサ(PC等精密機器に必要なパーツ)の出荷額は全国1位となっています。

 

秋田県原産の日本犬として秋田犬がありますが、日本犬種(全6種)で唯一の大型犬種となっています。
忠犬ハチ公で広く知られる秋田犬は元々闘犬・狩猟犬として飼育されていた経緯と主人に忠実な性格が影響し、見知らぬ人や犬に対しての攻撃性が高いため注意して飼育する必要があり、一部自治体では特定県に指定されている為檻の中での飼育が義務付けられています。

 

秋田県は地価が低く、より高い値段での売却を望む場合売却を検討している不動産について一番良い不動産仲介会社を見つけ出す必要があります。

 

そのために不動産一括査定サイトで複数の不動産仲介会社に実際に査定してもらって一番その不動産を理解してくれる会社を見つけませんか?

 

秋田県市区町村一覧

秋田市・能代市・横手市・大館市・男鹿市・湯沢市・鹿角市・由利本荘市・潟上市・大仙市・北秋田市・にかほ市・仙北市
・鹿角郡(・小坂町)
・北秋田郡(・上小阿仁村)
・山本郡(・藤里町・三種町・八峰町)
・南秋田郡(・五城目町・八郎潟町・井川町・大潟村)
・仙北郡(美郷町)
・雄勝郡(・羽後町・東成瀬村)

 

一括査定サイトランキング