山形県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

山形県の面積は全国47都道府県中9位と大きな面積を持っていますが人口は35位と少なく、人口密度は42位となっています。

 

平均地価は全国45位(平成27年)で2万7,675円/uと国内でも低価格となってしなっておりますが、前年比0.59%(上昇率全国17位)上昇している為、成長性はしっかりとあります。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は16,900件となっております。

 

持ち家比率は全国4位、空き家率は45位と持ち家の割合が高く、空き家がそこまで無い環境となっています。

 

山形県は東北地方に位置し宮城県、秋田県、福島県、新潟県に隣接しています。

 

県の西側は日本海、飛島、朝日連峰が存在し、東側の宮城県との境には奥羽山脈、北側には東北で2番目の標高を誇る鳥海山といったように山が多く、県域の約85%は山地を占めています。そのため県の総面積に対する森林の割合は75%、農業用地は15%となっています。

 

県の中央には最上川が流れており、県民の多くはこの川の流域に住んでいます。

 

日本海に面している為日本海側気候に分類され、秋田県、新潟県と同様に対馬暖流の影響を受ける為冬季には日本海側から吹く湿った冷たい空気によりみぞれや雪が降るため県全域の9割の地域は特別豪雪地域に指定されています。

 

しかしながら庄内地方では夏季は県内一の気温の高さで関東地方とあまり差は無く、夜は熱帯夜となることもありますが、その分冬季は温暖となっています。

 

また内陸部においては内陸性気候となっており、空気が乾燥しているので熱帯夜にはなりませんが夏季は非常に気温が高く、冬季は-15℃近くまで気温が下がる寒暖の差が非常に激しい地域となっています。

 

春から夏にかけて山から温かい風の吹くフェーン現象が発生しやすいため突発的な猛暑日となる日もあり、2007年以前は山形市の40.8℃が日本最高気温でした。

 

山形県は日本で唯一県全域から温泉が湧出ており、蔵王温泉や五色温泉といった温泉地の宝庫となっています。

 

山形県はその地域によって気候の変化が激しい等その地域により環境が異なりますので、需要の高い不動産の設備等で差が出てくることが考えられますので、売却を検討している不動産について一番良い不動産仲介会社を見つけ出す必要があります。

 

そのために不動産一括査定サイトで複数の不動産仲介会社に実際に査定してもらって一番その不動産を理解してくれる会社を見つけませんか?

 

山形県市区町村一覧

山形市・米沢市・鶴岡市・酒田市・新庄市・寒河江市・上山市・村山市・長井市・天童市・東根市・尾花沢市・南陽市
・東村山郡(・山辺町・中山町)
・西村山郡(・河北町・西川町・朝日町・大江町)
・北村山郡(・大石田町)
・最上郡(・金山町・最上町・舟形町・真室川町・大蔵村・鮭川村・戸沢村)
・東置賜郡(・小国町・白鷹町・飯豊町)
・東田川郡(・三川町・庄内町)
・飽海郡(・遊佐町)

 

一括査定サイトランキング