福島県で不動産売却を検討している方へ

一括査定

福島県の面積は全国47都道府県中3位と大きな面積を持っていますが人口は20位と少なく、人口密度は40位となっています。

 

平均地価は全国42位(平成27年)で3万0,841円/uと国内でも低価格となってしなっておりますが、前年比2.51%(上昇率全国6位)上昇している為、東日本大震災に関連する風評被害から立ち直り始めていることが予測され、成長性はしっかりとあります。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は28,600件となっております。

 

福島県は東北地方の南部に位置し宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県に隣接しており、会津、中通り、浜通りの3つの地域からなります。

 

これら3つの地域で方言が異なる他、関東の方言の影響もあり県の南北でも異なります。

 

県内の都市の特徴として、分野への特化が見られます。

 

行政機能の集中・日本有数の果物果樹地域となっている福島市

 

商業・内陸工業地帯となっている郡山市

 

沿岸工業が特化しているいわき市

 

史跡が多く存在し観光に特化している会津若松市

 

といったようにそれぞれの市で特化している分野が異なり、生活環境も異なります。

 

福島県の名産の一つとして「あかつき」という桃があります。

 

あかつきは白桃と白鳳を交配育成された品種で実が大きく糖度も12〜14と高く酸味が少なく、肉質も緻密であり桃の品種の中でトップクラスです。あかつきの由来として福島県の「信夫三山暁まいり」にちなんで命名されたもので、福島県を代表する名産品です。
平成23年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)において福島県は震災関連死1,984人を含めて3,812人(平成27年11月2日現在)、いまだ行方不明となっている方が3人という甚大な被害を受けています。

 

現在も帰還困難地域となっている地域もあり、避難者数は10万5,286人(平成27年10月現在)となっています。
政府の指針により、平成29年3月までには帰還困難地域以外の避難指示等を解除し帰還を可能にする為復旧加速に取り組んでいます。

 

除染作業も着実に進んでおり、空間放射線量は大幅に減少しており、道路インフラの整備・環境回復・災害廃棄物等の処理も含めて復興作業は確実に進んでいます。

 

健康面でも「県民健康調査」という取り組みや、ふくしま国際医療科学センターの着工を行っています。

 

食品安全面において漁業は沿岸漁業・底引網漁業は自粛となっていますが2万件を超えるモニタリングの結果安全であると確認されている魚種は試験操業が始まりました。このときの安全基準値としては国の設定した100 Bq/kgを大幅に下回る50 Bq/kgを基準としており、逆に他の産地よりも安全性が高くなっており、農産物においても安全性が確認され放射性物質の検査に引っかかるような食品は出荷されないようになっています。

 

このように福島県は自然災害、原発による被害、酷い風評被害にも負けず復興がなされています。

 

地域によって気候の変化が激しい・特化している産業が異なる等その地域により環境が異なりますので、売却を検討している不動産について一番良い不動産仲介会社を見つけ出す必要があります。

 

そのために不動産一括査定サイトで複数の不動産仲介会社に実際に査定してもらって一番その不動産を理解してくれる会社を見つけませんか?

 

福島県市区町村一覧

福島市・会津若松市・郡山市・いわき市・白河市・須賀川市・喜多方市・相馬市・二本松市・田村市・南相馬市・伊達市・本宮市
・伊達郡(・桑折町・国見町・川俣町)
・安達郡(・大玉村)
・岩瀬郡(・鏡石町・天栄村)
・南会津郡(・下郷町・只見町・南会津町・檜枝岐村)
・耶麻郡(・西会津町・磐梯町・猪苗代町・北塩原村)
・河沼郡(・会津坂下町・柳津町・湯川村)
・大沼郡(・三島町・金山町・会津美里町・昭和村)
・西白河郡(・矢吹町・西郷村・泉崎村・中島村)
・東白川郡(・棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村)
・石川郡(・石川町・浅川町・古殿町・玉川村・平田村)
・田村郡(・三春町・小野町)
・双葉郡(・広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・川内村・葛尾村)
・相馬郡(・新地町・飯舘村)

 

一括査定サイトランキング