青森県で不動産売却を検討されている方へ

一括査定

青森県の面積は全国47都道府県中8位となっており人口は31位、人口密度は41位となっています。

 

平均地価は全国46位(平成27年)で2万4,433円/uとなっており、前年比3.29%(上昇率全国45位)下落しています。

 

昭和46年から平成25年9月までに売買された中古住宅は21,600件となっております。

 

青森県は本州北端の東北地方に位置し、岩手県、秋田県に隣接し、津軽海峡を挟んで北海道にも隣接しています。

 

県内の市町村数は40(市:10 町:22 村:8)ですが、県民の52 %は青森市、八戸市、弘前市に集中しています。

 

津軽地方、南部地方、下北地方の3つの地方で構成されており、それぞれで言葉も気質も異なります。

 

方言としては津軽弁、南部弁、下北弁の3種類に分断されますが、これらの方言は大きく異なる点もあり、同じ青森県出身者で得あっても津軽弁を話す津軽地方の県民と他の地方(南部・下北)の県民でも会話が通じないこともあるなどがあります。

 

特に津軽弁は難解な方言として全国的に有名であり、

 

津軽地方出身者ではない医師・看護師が津軽弁を誤認してしまう

 

トヨタ・パッソのCMでは津軽弁とフランス語を聞き間違えるというネタがある

 

というような話もあるほどで、青森の方言=津軽弁という思い込まれることも多々あります。

 

気候としては県内全域が豪雪地帯、一部地域に関しては特別豪雪地帯に指定されており、那須火山帯の山麓・西側の日本海側気候、それ以外の太平洋側気候というように別れています。

 

青森県は国内有数の農業生産地であり、食料自給率(カロリーベース・概算値)は118%と、100%を超える数少ない都道府県となっており、りんご生産量・消費量は全国1位となっております。

 

他にも日本で唯一のフォアグラの産地であったり、ニンニクやカシスの生産量も全国1位となっております。中でもカシスは国産の約9割は青森県産である為、国産のカシスを見かければそれはほぼ青森県産ということになります。

 

このように青森県での不動産売却をお考えの場合、このような地域毎の言葉や豪雪地帯か特別豪雪地帯等の生活環境の違いを把握し地域の特徴を留意した上で、売却を検討している不動産について一番良い不動産仲介会社を見つけ出す必要があります。

 

そのために不動産一括査定サイトで複数の不動産仲介会社に実際に査定してもらって一番その不動産を理解してくれる会社を見つけませんか?

 

青森県市区町村一覧

青森市・弘前市・八戸市・黒石市・五所川原市・十和田市・三沢市・むつ市・つがる市・平川市
・東津軽郡(・平内町・今別町・外ヶ浜町・蓬田村)
・西津軽郡(・鯵ヶ沢町・深浦町)
・中津軽郡(・西目屋村)
・南津軽郡(・藤崎町・大鰐町・田舎館村)
・北津軽郡(・板柳町・鶴田町・中泊町)
・上北郡(・野辺地町・七戸町・六戸町・横浜町・東北町・おいらせ町・六ヶ所村)
・下北郡(・大間町・東通村・風間浦村・佐井村)
・三戸郡(・三戸町・五戸町・田子町・南部町・階上町・新郷村)

 

一括査定サイトランキング